2007年02月08日

ピストンのお話

1be4515f.JPG

ピンで連結したピストンは右が998や999のノーマルピストン(φ100mm)、左が998Rや999Rのピストン(φ104)です。ピン上の高さにかなり差が有るのがお判りいただけると思います。104ボアの方がハイコンプだから?いやいや、そうではなく、これは各エンジンのストロークに起因するものです。

104ボアのエンジンと100ボアのエンジンの、クランクセンターからヘッド面までの距離は同じです。使っているコンロッドの長さも同じです。ということは、上死点におけるピストンピンの位置は、100ボアのエンジンより104ボアのエンジンの方が低くなります。

どのくらい低くなるかというと、双方のエンジンのストロークの差の半分です。100ボアエンジンのストロークが63.5mm、104ボアエンジンのストロークが58.8mmなので、(63.5−58.8)÷2で、その値は2.35mmです。

この差を埋めるために、104ボアエンジンのピストンは画像のようにピン上の高さが高くなっており、矢印で示したその差が2.35mmということになるわけです。

ピン上の寸法が大きくなるということはピストンが縦に大きくなる事を意味します。その結果、104ボアのピストンは実際に計測するとかなり重量があります。どのくらいの重量があるかというと、実測値で998Rが510グラム前後、999R05で525グラム前後です。私の知る限り、歴代スーパーバイクのピストンの中ではブッチギリの最重量です。ちなみに100ボアの998ノーマルピストンだと470グラム前後で、その約50グラムの差はピストンのピン上の寸法の増大によって生まれたものでしょう。

高性能なはずの104ボアのピストンがそんなに重くて大丈夫なのか?ということにもなりますが、ショートストローク故のピストンスピードの遅さがそのあたりのネガをカバーしているものと思われます。



Posted by cpiblog00738 at 22:13