2013年06月17日

ベベル、ピストンが・・・・。

e421d164.jpgとりあえずエンジンを降ろして分解を始めました。ヘッドナットを外してヘッドとシリンダーを取り外すと、姿を現したのはこんな状態のピストンでした。ぱっと見た瞬間は、焼き付いてる!?と思ったのですが、どうも違うようです。で、判りました。これはサンドブラストの砂で削れたのでしょう。そういえばエンジン全体はウェットブラストのようなもので仕上げられています。その後処理をちゃんとやらなかったので、エンジンの中にサンドブラストの砂が残っていてこんなになってしまったのだと推測しました。


Posted by cpiblog00738 at 23:51