2023年09月30日

DUCATI SUPERMONO スーパーモノ・レストア記 その15

IMG_2543
 フロントアクスル周りです。この時代のブレーキディスクローターの材質は鋳鉄です。1993年の888コルサは確かに鋳鉄ローターで、1994年の926コルサからステンレスローターになりましたから、この年式は丁度切り替わりの時期ですね。ディスクローターのディメンジョンは当時のYAMAHA TZ250に使用されていたものと同一だと思われます。


IMG_2645IMG_2646 フューエルタンクのマウロ・ルッキアリのサインですが、タンクにマーカーペンで記してあるだけなのでこのまま放置すると消滅してしまうことは明らかです。パーツクリーナーで拭いたりワックスをかけたりすれば簡単に消えてしまうでしょう。このままという訳にはいきません。

 そこでペイント屋さんにお願いしてクリア塗装をオーバースプレイしてもらいました。勿論塗装前に脱脂は必要なのですが、そのあたりは流石プロフェッショナル、うまく処理してくれました。これで一安心です。
 
 それにしてもこのフューエルタンク、斬新というか何というか、かなり独特は形状ですね。


IMG_2649IMG_2650 タンク内部です。カーボンとケブラーの繊維で製作されているように見えます。よく目にする社外品の危なっかしいカーボンタンクとは一線を画す、素晴らしい造りのタンクだと思います。



IMG_2647IMG_2648 こちらは既存の純正シートカウルですが、部分的にかなり痛んでいたので修正とリペイントをお願いしました。シート後端はドーム状の造りになっていて、こちらもまた斬新なデザインです。



IMG_4912IMG_4916IMG_4917 
 




 この3点のカウルは純正部品の新品です。社外品ならともかくとして、今時こんな部品は手に入りませんよね。なんだかもったいなくて取り付けを躊躇する気分になってしまいました。


IMG_2669IMG_2670IMG_2672 





 と言いながら外装を取り付け、ひとまずバイクは完成しました。こうしてみると本当に美しいというか何というか‥‥言葉が見つかりません。素晴らしいデザインだと思います。今迄のどのバイクにも似ていません。斬新ですが、それなのにまさに宝石のような美しさを持ったバイクです。


IMG_2673IMG_2676 このデザイン、本当のところは誰の作品なのでしょうか?このデザインの流れでインジェクション仕様になった900/1000SSとか749/999系に変遷していくのですが、一般的にスーパーモノとこのシリーズは同一デザイナーの作品と言われていますよね。私にはどうしてもそうは思えません。スーパーモノに関しては、実はタンブリーニさんが関わっていて、監修等を担当していたとすれば納得できるのですが。

 それと個人的な意見ですが、このバイクは純粋にレーシングマシンとしてのこの佇まいで完璧に完成されてしまっているのではないでしょうか?この状態にヘッドライト、ウインカー、テールランプ、といった保安部品を取り付けた姿を想像すると、私は急に幻滅を感じてしまいます。それがストリート仕様が発売されなかった理由だったり……、しないですかね?


Posted by cpiblog00738 at 11:47