2016年02月28日

温泉旅行

P1070100先日石川県の山代温泉へ旅行してきました。
大学時代の先輩がやっている温泉旅館です。
先輩とお会いするのは先輩が卒業されて以来なので、35年ぶりになります。
駐車場でクルマから降りると、「こら〜、なごや〜」といきなり後ろから羽交い絞めにされましたが、その声はまさしく先輩の声。
嬉しかったですね!
先輩と一緒に学生時代を送ったのはたったの2年間でしたが、自分の人生においてその2年間の内容がいかに濃かったか、改めて思い知りましたね。
夕食は部屋でカニ尽くしでしたが、その後は館内のクラブで遅くまで飲みました。

P1070111このベースギター、私が新入生だった時に新品で購入したものですが、暫くしてそれを先輩に買っていただきました。
私はそのことをすっかり忘れていたのですが、先輩はしっかり覚えていて下さり、35年ぶりにベースギターとも再会しました。
自分が使っていた楽器というのは不思議なもので、一目見て、「これ、もとオレのだ!」と判ります。


P1070137先輩と別れるのは名残惜しくもう1泊くらいしたかったのですが、そうもいかずとりあえず帰路につきます。
で、帰りに近くにある日本自動車博物館という所に行ってみました。
いや〜、こちらも懐かしい車がいっぱいです。
とても1枚やそこらの写真で雰囲気を伝えることは出来ませんが、凄いところです。
皆さん一度は行ってみるべきですね。
60年台、70年台のクルマはどれもこれも個性的で、欲しいと思うクルマだらけです。
何せ皆デザインがカッコ良い!
開発に携わった人の熱意、エネルギーが発散されていて、それに敏感に反応している自分がいます。
同時代の外車もたくさん展示されていましたが、この頃にクルマに限っては国産車の方が断然カッコ良い!と感じてしまうのは何故でしょう?

P1070132こいつは特に思い入れがあるクルマのうちの1台です。
なぜかというと我が家の最初のクルマだったからです。
私が子供の頃、これに乗っていろいろなところへ連れて行ってもらったものです。





P1070139こいつは自分が物心ついたころからずっと欲しいと思っていた車。
未だに所有したことはありませんが、、、、。
デザインが最高ですし、レースでも速かった。
乗り物はバランスがキモ!を地で行くクルマです。
隣にあるエスは何故か欲しいと思ったことは全くなく、興味もなかったですね。



   

Posted by cpiblog00738 at 13:22

2015年12月11日

走行2万キロ

007去年の9月に新車で購入したハイエース、早々と走行2万キロになりました。
そんなに乗っている印象は無いのですが、いつの間にかという感じです。
購入時はおそらく自分の生涯最後のハイエースになるんだろうなという気持ちだったのですが、このペースだと将来的にもう一台位は必要になるかもしれません。   
Posted by cpiblog00738 at 09:33

2015年09月14日

KAWASAKI H

ちょっと前にカワサキからH2が新発売されましたが、それについて思いついたことがあったので書いてみます。
自分的には、バイクというのは本来「バカみたいなもの」だと思っています。それが魅力だと思います。今の世の中、そういったものを世に出すことはなかなか難しいご時世ではありますが、久しぶりに出ましたね、「馬鹿げたもの」が。流石カワサキ、今時こんなものを世に放つことが出来るなんて凄い!やっぱバイクはカワサキだな。バイク造りが会社の趣味だもんね。カワサキ、売れるわけですよ。

で、先日ホンダとかかわりの深い方とお話しする機会があったのですが、その時気になる一言を聞きました。
「カワサキのH2については、ホンダの社内では何の話題にもなりませんでしたよ 」と言うのです。
何の話題にもならなかった????
いくらなんでもそれは無いでしょうと思うのですが・・・・。
例えば、「あんなものを出そうとする企画にハンコを押してくれる上層部がいるなんて、うちでは考えられない」とか、「あんなもんまっすぐ走らんだろ」とか、肯定、否定織り交ざった 話題が出て然るべきだと思うのですが。特にバイクを造る人間であれば。
もし本当に何の話題にもならなかったとすると、病んでますね、その人たち。それじゃ魅力的なバイクがそこから生まれてくるはずもない。もしかしてバイクに乗らない人が多いのでしょうか?

IMG_1105こいつは初代のH2ですけど、当時の時代背景からしても「バカみたい」なバイクでしたよね。
現代のH2も本当にこいつの直系ですね。形や性能だけでなく、社会の中における存在感まで当時のまま(と自分には思えます)というのは凄いと思います。
   
Posted by cpiblog00738 at 20:00

2015年06月12日

貯金箱

28108c71.jpg貯金箱がいっぱいになったので開けました。五百円玉だけでいっぱいにすれば五十万円貯まるっていうやつです。数えたら五十万円プラスアルファでした。何年かかったのか確認したかったのですが、貯金開始の日付を書き忘れていたので判りません。10年位かな?  
Posted by cpiblog00738 at 20:23

2015年04月03日

a59712c2.jpg桜を見物に近くまで行ってきました。あと何回桜が見れるのか、不本意ながらそんな感情が頭をよぎるようになって来たのは何時の頃からでしょうか。やりたいことはまだたくさんあるので焦りますね。若いころからそんな意識を持って生きて来たとしたら、もっとどえらいことがたくさん出来たような気がするのは気のせいでしょうか?  
Posted by cpiblog00738 at 10:37

2014年07月24日

ルカ来日

7ee7ab63.jpg去年に続き、今年もルカがやって来ました。去年の初来日以来、すっかり日本びいきになってます。今回のメインは鈴鹿8耐の見物で、明日あたりから鈴鹿へ繰り出すようです。今年はノリユキの写真パネルの前での記念撮影です。本当は長身で、私より15cmは背が高いのに、気を使ってしゃがんでくれています。メチャクチャにいいヤツです。また、彼はドゥカティスタの鏡のような人物です。とりあえず一緒に昼飯を食いに行きましたが、寿司と天ぷらをたいらげてました。  
Posted by cpiblog00738 at 20:20

2014年01月07日

コンチマフラー

90c985c6.jpgお正月にヤフオクでコンチマフラーを入手しました。新品です。早速倉庫の隅で眠っている自分のバイクに取り付けてみました。このバイクはエンジンとフレーム以外は多くの部品が欠品しているので少しずつ部品を集めています。乗れるようになるのはいったい何時になることやら?オリジナルの状態に戻すことはほぼ不可能だと思いますから、好き勝手に造っていこうと思います。
  
Posted by cpiblog00738 at 12:20

2013年08月07日

トンボ

f63bf673.jpgうちの庭には元バスタブだったものを利用した池があって金魚や水草を育てていますが、何時の頃からか毎年この季節になるとトンボがやってきます。シオカラトンボですね。やって来るというよりはおそらく毎年この池に産卵し、育ったヤゴが羽化してまたここに産卵して、というようにこの池を中心に生息して世代交代しているのでしょう。池の周りをテリトリーにしているようで、いつも周辺の何処かに居ます。指を指したりするとかなり反応します。面白いです。
  
Posted by cpiblog00738 at 00:36

2013年04月02日

クルマの修理が上がってきました

85e03fc8.jpg先日愛車で高速道路を走行中、いきなり1気筒が死んでしまいました。深夜だったこともあり、またエンジンを止めると2度とかからないのではないかという懸念もあり、約200kmの道のりをノンストップで無理やりそのまま帰ってきました。
無事帰着した後にクルマは入院ということになったのですが、数日であっけなく直って帰ってきました。
原因はIGコイルの不良でした。今時のクルマ(と言うにはちょっと古めですが)でもこんな部品が壊れるんですね。二桁万円の修理代は覚悟していたんですが、部品代は15000円くらいで思っていたよりえらく安くて助かりました。
  
Posted by cpiblog00738 at 00:00

2013年03月30日

ルカを温泉に招待しました

f286be94.bmp 日本のオンセン、タタミルーム、オープンエアバス、サシミ、その他を体験してもらおうと、伊豆の温泉に招待しました。露天風呂ならやっぱりこう来なくちゃ!!!サービス精神旺盛で、頼んだらこんな写真も取らせてくれました。
  
Posted by cpiblog00738 at 22:16

2013年03月29日

ルカ、来日中です

86515dad.jpgはるばるイタリアから、ルカが来日中です。
初めての日本を、とにかく楽しんで欲しいので私も頑張っています。
リクエストのあった、ギョーザ、カレーライス、ヤキトリ、トンカツ、は既に全てクリアしました。次は温泉に連れて行ってあげようと思います。

  
Posted by cpiblog00738 at 09:43

2013年01月01日

2013年

5639e9b5.jpg
謹賀新年

今年も宜しくお願い申し上げます。
  
Posted by cpiblog00738 at 01:13

2012年09月27日

入り口のエノキに

7836d221.jpg作業場の入り口に高さ1mにも満たないエノキの幼木がありますが、ここ最近妙に葉の数が減っていて、何者かに食い荒らされている印象がありました。
あらためてよく観察すると、犯人はコイツでした。
最初は国蝶であるオオムラサキの幼虫だと思い感激しました。オオムラサキは自分が小学生で昆虫大好き少年だった頃の憧れの昆虫で、散々追い掛け回した記憶があります。この辺りでもそれなりに生息していて、当時何匹かは捕獲したことがありました。まだいるんだ、と思いましたが、改めて調べてみると・・・・。
コイツはオオムラサキではなくてアカボシゴマダラという新参者の蝶の幼虫でした。本来はもっと南方の蝶ですが、最近理由は不明ですが関東にも生息範囲を広げている蝶です。何年か前に最初に目撃した時は、何でこんな蝶が此処にいるの?という感じでしたが、今では結構見慣れた感が有ります。
でも幼虫の姿がオオムラサキのそれにこんなに酷似しているとは全く知りませんでした。
  
Posted by cpiblog00738 at 14:49

2012年08月06日

大端部は

387f2301.jpgコンロッド大端部です。
ハーフメタルは色からすると銅系の合金ですね。皿ネジでコンロッドに留めてあります。ちょっと時代を感じる部分でしょうか?
コンロッド本体とキャップ部の接合部分はギザギザに加工してあって、ずれたりしないようになっています。この部分は現在のBMWのM3とかのエンジンで見たことがある「カチ割りコンロッド」と通じるところがあって興味深いです。
  
Posted by cpiblog00738 at 10:51

コンロッド

3cdeffa2.jpgコンロッドだって現代のものと基本的に変わりません。   
Posted by cpiblog00738 at 10:43

燃焼室

8887f024.jpgシリンダーの下から燃焼室を覗くと、4バルブです。
また、よく観察すると、このエンジンはDOHCに見えます。
燃料の供給もキャブではなくてインジェクションみたいです。
水冷V12、DOHC4バルブ、フューエルインジェクション、こう書いてみると、まるで現代のエンジンと変わらないです。内燃機関の基本的な理念はこの当時に既に出来上がっていたということですね。当時から今までに進歩したのは、材料とか生産技術とか、基本的なこと以外の付随した部分ということになるのでしょう。

  
Posted by cpiblog00738 at 10:41

昔のエンジン

602dc672.jpg先日河口湖の飛行館に行ってきました。ここは毎年8月の1ヶ月間のみ開館しているところで、私はここ数年毎年必ず訪れています。
今年の新しい展示物として、分解した「アツタV12」のエンジンがあり、私には非常に興味のあるものでした。
これは第2次大戦中の海軍機であった彗星艦爆に使われていたエンジンで、当時同盟を結んでいたドイツのダイムラーベンツ製エンジンDB601Aのライセンス生産というかコピーです。陸軍機の飛燕に使用されていたエンジンもDB601Aが元になっており、基本的に同じです。
画像はクランクシャフトですが、よく出来ています。凄いと思います。
  
Posted by cpiblog00738 at 10:30

2012年03月03日

ところでBOTTクラス新設です

既にいろいろなところで取り上げられていますが、筑波TTのレースカテゴリーに新規開催クラスとして「Battle Of The Twins」クラスが決定しました。今年の7月と9月の筑波TTの中で開催されます。
この機会を逃してはいけませんね。
開催が決まったからには、関係者は漏れなく

全員エントリーするように!!!!


自分達の走るレースは積極的に参加することによってのみ存続させることが出来るのですよ!!せっかく筑波サーキットがこうしたレースを創ってくれたのに、これでまたエントリーが少なかったりしたらやっぱり次の機会は無い!ということになるでしょう。初回はとりあえず様子見で見物に行きます、なんて言っているあなた、それは危機感が無さすぎです。どうしても見物したいというなら、お金を払ってエントリーした上で見物してください。
エントリー台数が多ければ多いほど、開催クラスが多くなります。少なければ一枠で全て混走になりますが、多ければ空冷と水冷は別枠のレースになりますし、もっと多ければ将来的にレベルを分けたりして何枠ものレースに発展していくでしょう。
  
Posted by cpiblog00738 at 00:00

2012年01月25日

先日の雪

28c96b34.jpg先日の雪、皆さんは何か被害に遭われましたか?
TFDの前の坂道は雪が降ると鬼門となります。他のところは問題なくても、日当たりが悪いのでここだけはご覧の通り。時間は朝の8:30頃の画像ですが、完璧なアイスバーンです。雪が降ると毎回必ずえらいことになります。
坂ノ下から上がってくるクルマがスリップして立ち往生するのはただ進めなくなるだけのことですが、問題は上から降りてくるクルマです。止まれなくなってそのまま進入禁止の一方通行出口に突っ込んだり、中途半端に曲がってガードレールの餌食になるクルマが必ず何台か出現します。いくら優秀なABSでも止まらないものは止まらないので、皆さんも雪の時はよく注意してくださいね。
  
Posted by cpiblog00738 at 19:14

2011年09月13日

試乗させてもらいました

3d154f2b.jpgお客様が乗ってきたバイク、めったに無い機会なので試乗させてもらいました。以前H2に乗せてもらった時と印象はほぼ同じです。バイクって本来こういうものだよね、と再認識させられます。さすがに現在の交通事情でフロントのドラムブレーキはちょっと無理があるかな、と感じました。自分が所有するならH2の方でしょうね。欲しいけど買えません。   
Posted by cpiblog00738 at 09:24

2011年09月01日

クラッチケーブル

d1d37ed3.jpgクラッチケーブルが切れました。愛車フィアットですが。
出先の駐車場の敷地内に入って、クラッチを踏んでギアを抜いた瞬間に、「バンッ!」という音とともにクラッチペダルが無くなりました。(ペダルはリターンスプリングに引っ張られて一番下まで行ってしまうので無くなったように感じます)
駐車場の敷地内とはいえ、置いて行くのもイヤだし、車が無いととにかく不便で困ります。いつもお世話になっているクルマ屋さんは今日が定休日。本来の用事を済ませて、さてどうしたものかと考えましたが、家までの距離は数キロと近いので、結局乗って帰る気になりました。ひとまず駐車場の敷地内で発進停止の練習です。1速にギアを入れたままセルを回し、そのままうまいこと発進、止まる寸前にギアを抜く。これならイケルでしょう、と確信が持てたところで公道へ走り出します。可能な限り停止しないように、クラッチ無しですがうまいこと回転をあわせてギアチェンジしながら、何とか無事に帰り着きました。
以前交換して外したケーブルが保管してあったので、とりあえずそれに交換です。クルマはバイクと違っていろいろなものが邪魔をするので作業が面倒なことこの上有りません。クルマの下に潜っている時にいきなり大雨が降ったりして酷い目にあいましたが、1時間ちょっとで何とかめでたく作業終了しました。
  
Posted by cpiblog00738 at 22:00

2011年04月20日

FISCOのバンク

f97498a6.jpg先日ライセンスの更新にFISCOに行ってきました。ついでに旧コースのバンクに行って記念撮影です。角度としては30度くらいでしょうか?スキーをやっている人には理解できると思いますが、角度が30度あれば上から見るとほぼ壁に感じます。ストレートエンドの最高速のままここへ突っ込んで行った昔の人は偉大です。超人です。いくら昔のマシンの最高速が今より劣るといっても、車体とタイヤはもっと劣っていたでしょうから、本当に凄いことだと思います。
現在は動画のサイト等で当時のレースの様子を見ることが出来ますが、そういった画像を見ると本当にシビレますね。ハコスカGTRやロータリー勢が横一線でバンクに突入していく様はまさに圧巻です。
私はこのバンクを実際に走ったことはありません。今思うと返す返すも残念です。走ったことがある人には本当にあこがれますね。
昔のFISCOは血の匂いがする数少ないサーキットだったと思います。私のサーキット初体験はここFISCOだったので、個人的にとても深い思い入れがあるせいもありますが、本来サーキットというのはこうした世間とは隔離された「特別」な場所でした。現代の社会情勢においてはなかなかそうも行かないようですが。でもFISCOは今までいろいろと変遷をとげて来ていますが、私にとっては未だに昔のDNAを持ち続けている、血の匂いがする「神聖な」場所なのです。

  
Posted by cpiblog00738 at 11:19

2011年01月27日

新年会

46f3a010.jpg例年より遅くなりましたが、先日お客様を交えて新年会を行いました。今やTFDの新年会と言えばフグパーティーと相場が決まっています。フグといえば日本酒で、今回は皆さん結構メートルが上がって(死語)いましたね。(笑) ちなみに場所はTFDの工場内でテーブルはバイクリフトです。   
Posted by cpiblog00738 at 11:30

2010年03月05日

イタリアの友人

94cdadbe.JPG

イタリアの友人です。サーキットでは998RSに乗っています。街乗りは1098Sです。生粋のドゥカティスタです。とっても

いいやつです。

いろいろと情報も送ってくれてとても助かっています。先日プレゼントに日本酒を送りました。EMSで送りましたが、発送したのは1月27日。荷物の追跡調査をすると、2日後の1月29日にはイタリアに着いていました。しかし通関に手間取り、ギフトである事を証明せよ、とか、原産地を証明せよ、とか、なんだかんだと難癖をつけられ、彼の手に品物が届いたのが何と

3月3日!!!

大丈夫ですかあ?この国・・・・・。1ヶ月以上かかってやっと手にした日本酒に感激して画像を送ってきてくれました。ブログで紹介したらどうかと言い添えて。喜んでもらえてよかったです。

税関の人間が危険物かどうかを調べるために毒見をして、結局全部飲んじまったんじゃないかと本気で心配しました。

  
Posted by cpiblog00738 at 13:15

2010年02月23日

H2

eeefa0d8.JPG

カワサキH2。お客様のバイクです。お客様のご好意に甘え、短い時間でしたが試乗させていただきました。その印象は・・・・・。

今のレベルで言わせて貰えば、殆ど壊れているに等しいです。凄い振動です。部品がたくさん脱落するでしょう。ブレーキは効きません。路地から何か飛び出してきたらそのままカミカゼ突入です。煙凄いです。信号待ちで目がチカチカします。メカノイズも凄いです。シンバル叩いているみたいです。操作系の節度感もありません。一定速で走行しようとするとハンチングが出て非常に不快です。開けているか閉じているかのどちらかでないとエンジンが安定しません。今こんな新車があったらクレームの嵐で、即訴えられるでしょう。でも・・・・・。

正直言って、欲しい!!!と思いました。

久しぶりに毛色の変わったバイクに乗ったということもあるでしょうが、乗っていて楽しい!面白い!と思いました。これ一台のみの所有ではちょっときついと思うのが正直なところですが、異なるタイプのバイクと複数台所有出来ればベストでしょうね。

  
Posted by cpiblog00738 at 00:30

2007年12月29日

クルマの部品が来ました

d6ad5a4e.JPG

やっとクルマの部品が来ました。右のリアホイールハブのベアリングが壊れていたわけですが、この際両側とも交換することにしました。

ところが何とこの部品、ハブとベアリングが一体構造なのです。私はクルマ関係のメカにはあまり詳しくないのですが、普通ハブとベアリングは別体で、ハブにベアリングが圧入してあるものだと思っていました。そこで最初に壊れたベアリングをハブから取り出そうとしたのですが、どう見てもどちら側にもベアリングが抜けないように見えるのです。クルマ関係の友人に電話をかけまくって聞いてみたのですが、みんなクチをそろえて普通ベアリングは外れると言い切ります。

そんなこんなで、新品部品が来てみると、やっぱりハブとベアリングは一体式でした。これで完璧に治ってくれると良いのですが。

  
Posted by cpiblog00738 at 11:55

2007年12月05日

く、くるまが、、、。

4415ba5d.JPG

888SPSをしまいこんだ後、最近ちょっと気になっている愛車の点検をしました。走行中にタイヤの回転数に同調して異音がするのです。最初はタイヤのロードノイズが最近大きくなってきたなあ、位に思っていたのですが、最近この音は、何が何でもこれは有り得ないだろう、という位になり、とうとう原因究明を思い立ったというわけです。

右後輪のホイールベアリングがイッていました。ジャッキアップしてタイヤを回すとガラゴロ良い音がします。ホイールをゆするとガコガコ動きます。ついこの間この状態で高速に乗って最高速チャレンジをしたっけ、、、。アブネー。

クルマは暫くこのままになりそうなので、普段のアシは当分ハイエースか。

  
Posted by cpiblog00738 at 20:00

久しぶりに888SPSに乗りました

8c389e18.JPG

ふとした事から、前回888SPSを動かしてからちょうど丸一年経った事に気が付きました。保管状態は良いとは言え、放置プレーはまずい、と思い、軽整備を施した後、近所を一周乗ってきました。

とりあえず調子は変わりませんね。安心してまた仕舞い込みました。

  
Posted by cpiblog00738 at 19:48

2007年03月23日

カブトムシ登場です

3735c279.JPG

カブトムシです。立派なオスです。こんなもん普通は珍しくも何ともないのですが、普通じゃないのは今が3月23日だということです。

去年の幼虫の時から飼っていたのですが、飼っていたのが家の中だったのと、暖冬のせいで暖かかったのでしょう。3月の初めには蛹になってしまい、非常にびっくりしました。どうなる事かと見守っていたら、とうとう3月のうちに成虫になってしまいました。このまま彼は秋まで生き続けるのでしょうか?

  
Posted by cpiblog00738 at 13:39

2007年01月08日

新年会です

80abe8c3.JPG新年会です。皆さん今年も宜しくお願いいたします。  
Posted by cpiblog00738 at 14:52